間違えやすい形成外科と整形外科の違い

形成外科に良く似た診療科目に「整形外科」があります。
どっちがどっちか混乱したり、どちらを受診していいか迷ったりすることもあると思います。
簡単に説明すると、まず「整形外科」は体の運動機能を改善するための治療を重要視している診療科目です。
骨や関節、骨の周りの筋肉、神経、靭帯などに対する治療です。
例えば、骨折などの治療をはじめとして腰痛・肩こりの治療、リハビリテーションなども整形外科での診療の対象になります。
それに対して「形成外科」は、体の表面の傷や生まれつきの異常を治療するための診療科目で、見た目を改善することを重要視して治療を行います。
頭や顔面だけではなく、体全体が治療の対象になります。
例えば、怪我や火傷、手術痕の治療のほか、生まれつき変形している箇所の治療、欠損・切除した組織の再建などが挙げられます。
美容整形は美容目的の治療だけを行う形成外科と言えるでしょう。
形成外科が確立していなかった頃は火傷の治療なども整形外科で行われていました。

none

最新投稿